前結び、帯を廻した後のシワの処理。

いつもお越し頂きありがとうございます。


帯を結ぶ時、前結びの私です☆

自装の教室は、前結びをお伝えしています(^^)

『帯を廻した後、着物は大丈夫?』
と質問されることも・・・(^^;





着物の着装までは
帯を 前で結ぶ、後ろで結ぶ
に関係なく一緒

帯を後ろへ廻したら
・背中のシワを帯の下線を持ちながら、後のおはしょりを左右静かに引き下げます
・前 帯の下線を持って、上前のおはしょりを静かに引き下げます
・右手で上前掛け衿の下を押えて、左手人差し指を帯の中に入れて左脇までしごきます

着物シワ整える

引き下げるのは、ほんの少し。。。。 
シワと生地のゆがみをなくすため(*^^*)


文章表現が難しいですが。。。。(^^;

着物を着る時、
上半身の空気は、『全部抜く』ぞと
いう気持ちで着ると、帯を廻した後の
シワや生地のゆがみが少ないですヨ

最後まで読んで頂きありがとうございますm(_ _)m
↓クリックして頂けると、とても励みになります(*^_^*)
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

着付けお問い合わせ
着付け教室お問い合わせ
HP 出張着付け桜小町



関連記事
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
出張着付け・教室
ホームページ
ホームページQRコード
QR
振袖帯結び【優華』】テキスト
振袖帯結び手先でゴムを隠す方法
手先ヒダ4種類テキスト
振袖帯結び手先でゴムを隠す方法
手先ヒダ4種類テキスト
【二段のしめ片ばさみ】テキスト
帯結び【おはな】テキスト
【恋文】テキスト
カテゴリ
和装を楽しみましょう~ 画像

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。