自分で着る時の、ちょっとした「ひと手間」♪

いつもお越し頂きありがとうございます。

着付けお問い合わせ
着付け教室お問い合わせ
HP 出張着付け桜小町


自分で着物を着る時 (自装)
広衿の場合

掛け衿のところを
3分の1
又は
2Cm
ぐらい折りますが、
これが結構難しい・・・・^^;


着慣れれば、掛け衿を折るのは
なんて事のない作業(^^)♪

慣れていなければ
左右非対称。。

衿幅が違うと、仕上りがイマイチ状態・・


衣紋を抜く衿の部分を
「糸で結ぶ」のを見た事があると思いますが
掛け衿も同じように糸を通します(*^^*)/

写真のように糸を通して↓

掛け衿2 

結べは完了(^^)/
掛け衿1 

糸を通す場所は、
一度折って見て確認♪

糸を解いた時、
掛け衿がちゃんと広がる長さにするのがポイント♪ (^^)

糸が短いと、着物をたたむ時
シワになって不都合デス^^;


ちょっとした「ひと手間」で
左右対称の衿幅の出来上がりデス(*^^*)v



最後まで読んで頂きありがとうございますm(_ _)m
ランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると、とても励みになります(^^)
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村




関連記事
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
出張着付け・教室
ホームページ
ホームページQRコード
QR
振袖帯結び【優華』】テキスト
振袖帯結び手先でゴムを隠す方法
手先ヒダ4種類テキスト
振袖帯結び手先でゴムを隠す方法
手先ヒダ4種類テキスト
【二段のしめ片ばさみ】テキスト
帯結び【おはな】テキスト
【恋文】テキスト
カテゴリ
和装を楽しみましょう~ 画像

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。