衿の出し加減。。

衿の出し加減に、決まりはあるのですか??

着付けを習いたての頃に、
親先生に、聞いた質問です^^

親先生の答えは・・・・


地域にもよるけど
弔事の時は、控えめに。
慶事の時は、多めにORお客様の好みで。

今から、思うと「大雑把な答え」(笑)
けれど、 
とても注意しなければいけないなぁ~と思います。

衿の出し加減1
 

弔事の時は、このくらい。↑
これ以上は、出さないようにしています。


衿の出し加減2 

留袖、訪問着はこれくらい。↑


衿の出し加減3 

振袖の時は耳下より、少しだけ後ろから
出すようにしています。↑

衿合わせは、私にとって緊張の瞬間です。

左右対称に出す衿の出し加減は、
奥が深いです^^!!!
 
着姿の印象。
お顔の印象。
楽な感じ。
窮屈な感じ。

着上がった襟元が、納得のできだったら
すごーく嬉しくなるのは、私だけかなぁ~(^^)



最後まで読んで頂きありがとうございますm(_ _)m
ランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると励みになります^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

関連記事
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
出張着付け・教室
ホームページ
ホームページQRコード
QR
振袖帯結び【優華』】テキスト
振袖帯結び手先でゴムを隠す方法
手先ヒダ4種類テキスト
振袖帯結び手先でゴムを隠す方法
手先ヒダ4種類テキスト
【二段のしめ片ばさみ】テキスト
帯結び【おはな】テキスト
【恋文】テキスト
カテゴリ
和装を楽しみましょう~ 画像

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。